メンテナンス

ETCセットアップ

二輪車ETCの本格運用開始は平成18年11月からですが、まだまだ普及率は低いようです。
費用面ももちろんですが、一番気になるのは『美観』ではないでしょうか。一部車種には専用のステーセット等もありますが、大部分は汎用のステーを使用して取り付けるため、取り付け具合により美観は大きく左右されます。もちろん無理のある取り付けでは受信不良などのトラブルの原因となるため注意が必要です。
弊社では、無理なくキレイな取付にこだわりETCの取付セットアップを行っております。

取付例

MV AGUSTA F4
MVAGUSTA F4
  MVAGUSTA BRUTALE
MVAGUSTA BRUTALE
気になる美観も極力センサーが見えないように取り付けることによりスッキリ収めます。
F4ではカウルの内側に取り付けることにより外からは一切見えません。
MV AGUSTA F4
MVAGUSTA F4
MVAGUSTA BRUTALE
MVAGUSTA BRUTALE
インジゲーターはライトが思いのほか明るい為、視線から少し外した位置に取り付けます。 また、各配線類が美観を損ねないよう、取回しには最大限注意します。
MV AGUSTA F4
MVAGUSTA F4
  MVAGUSTA BRUTALE
MVAGUSTA BRUTALE
少ないスペースでも配線類に無理がかからないよう本体を設置します。
カードの出し入れの容易さも重要です。

取付はほとんどの車種で可能です。
また、ETCカードは四輪で使用中も物がそのままご利用いただけます。

※下記の料金は税別価格になります。
項目 価格 備考
ネイキッドモデル向け 36,500円〜 ミツバサンコーワ製(MSC-BE51)使用 取り付け工賃含む
スーパースポーツモデル向け 52,000円〜 日本無線製(JRM-11)使用 取り付け工賃含む
オフロードモデル向け 33,600円〜 日本無線(JRM-12)使用
シート下に本体が格納できない場合、取り付け工賃含む
ホーム
ラインナップ
カスタマイズ
メンテナンス
アクセサリー
会社概要